【参考2】 用語の解説

  • ストレージ
    ハードディスク、フロッピーディスク、MO等の記憶装置
  • スペクトラム
    電気信号が持つ周波数成分を分解し、周波数毎のレベルをグラフ化したもの
  • 米国国防総省の規格(セキュリティガイドライン)に準拠した方式
    米国国防総省の定めた産業用セキュリティー規定であり、「Neo’z NEODELETE」では「DoD5220.22*」の方式に準拠
    DoD5220.22:米国国防総省(Department of Defence)が1984年に定めた産業用セキュリティー規定
  • FF値
    32ビットのずべての値がオール「1」の状態を16進法であらわした値
  • Gutmann方式
    1996年にグートマン博士(ニュージーランド)が論文発表したデータの痕跡が最も残りにくい上書きデータ理論
  • 磁気力顕微鏡
    微小な磁性体をもった探針を使用して、磁気特性をモニターし画像化する顕微鏡
  • セクタ
    ハードディスクやフロッピーディスク、MO等のディスク型の記憶媒体におけるデータ記憶エリアの最小単位
  • DOS/V
    1990年にIBM社によって開発し販売したPC/AT互換機
  • VGA(video graphics array)
    ディスプレイの解像度のひとつで、「640×480ドット」の解像度のこと
  • IDE(integrated device electronics)
    米Compaq社や米Westen Digital社などが共同で開発した、パソコンとハードディスクを接続するインターフェースの仕様であり、528MBまでのハードディスクを2台まで接続可能
  • EIDE(enhanced IDE)
    IDEの拡張仕様であり、8.4GBまでのハードディスクとCD−ROMなどの周辺機器をあわせて4台接続可能
  • SCSI(small computer system interface)
    パソコンやワークステーションなどの小型コンピュータと、外付けハードディスクやスキャナー等の周辺機器との接続に利用されるインターフェース規格であり、最大5MB/秒の速度でデータ転送が可能であるとともに、最大7台までの機器を接続可能

< CLOSE >