> > > 【みやこ】天然ガス自動車の導入について

ニュースリリース

平成14年10月11日

株式会社エヌ・ティ・ティネオメイトみやこ

【みやこ】天然ガス自動車の導入について

株式会社 エヌ・ティ・ティ ネオメイトみやこ(本社:京都市中京区 社長:北島 秀樹)では、滋賀県大津市に県内初の天然ガススタンドがオープンすることに併せ、弊社で使用する車輌に天然ガス自動車を導入いたします。

1.概要

弊社は、京都府、奈良県、滋賀県の三府県全域の情報インフラ設備のメンテナンス、LANや各種システムの提案・工事・保守、情報通信端末の販売・保守などの事業を24時間体制で行い、約780台の車両を保有しています。

天然ガス自動車については、従来から地球環境保護活動の一環として、自動車用天然ガススタンドが整備されている京都市内において、順次導入を図ってきたところです。

この度、滋賀県大津市に県内初の自動車用天然ガススタンド(大津エコ・ステーション)がオープンすることに併せ、大津エリアで使用している112台の車両を対象に、ガソリン車から天然ガス自動車に順次切替えることとし、10月17日(木)から導入第一号車の運用を開始します。

2.導入にあたっての考え方

天然ガス自動車はガソリン車に比べて、窒素酸化物70〜90%の削減、二酸化炭素は20〜30%削減、更には粒子状物質(PM:Particulate Matter)も100%削減され、地球環境に非常にやさしいとされています。

天然ガス自動車の車輌価格は、ガソリン車の約1.5倍程度にもなりますが、NTTグループの地球環境保護を推進する企業方針の一環として今回導入に踏み切ったものです。

3.今後の導入予定

大津エリアにおける天然ガス自動車への転換については、現在使用しているガソリン車、ディーゼル車の更改等の機会を捉えて、今後8年間に毎年10台〜15台を順次導入する計画です。

また、今後、天然ガススタンドが彦根市など滋賀県東部エリアにも拡大されれば、当該エリアで使用している車輌についても、順次、天然ガス自動車に切替えていく方針です。

4.その他

平成14年10月17日(木)午前10時から、大津エコ・ステーション(住所:大津市富士見台5−9)の竣工記念式典が同場所にて挙行されますので、弊社としても参加いたします。


ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ