> > > エヌ・ティ・ティ ネオメイトと日本アバイアとのIPコールセンタ構築に向けた業務提携について

ニュースリリース

平成14年11月13日

株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト
日本アバイア株式会社

株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトと日本アバイア株式会社との
IPコール(コンタクト)センタ構築に向けた業務提携について

〜IPコールセンタの構築に向けた販売・運用・開発検証に係わるアライアンス締結〜

株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(以下、NTTネオメイト(*1)、大阪市中央区、代表取締役社長:西村 憲一)と、日本アバイア株式会社(以下、日本アバイア(*2)、東京都港区 代表取締役社長:鵜野 正康)は、本日、IPコールセンタ構築ビジネスをさらに推進するため、IPコールセンタの構築に向けた販売・運用・開発検証に係わる包括的アライアンスを締結いたしましたのでお知らせいたします。

1.業務提携に至った背景

NTTネオメイトは、本年5月の会社発足後、ネオメイトグループ(17社)一丸となり、企業ネットワークの24時間365日のオペレーションノウハウ、西日本400拠点のサービスセンタ、日本でも有数のITスペシャリスト集団といったコアコンピタンスを活かした新たな事業の創出等による事業領域の拡大を目指してきました。中でも、コールセンタ構築事業への進出は会社設立当初より、自社が有するコアコンピタンスを十分に活用していける事業領域の一つであるとの認識にたち、コールセンタシステムに優れた製品、技術力、ノウハウを有する企業との業務提携を検討していました。

一方、日本アバイアは、アバイア(米国)100%出資の日本法人であり、AT&T、ルーセント時代を含めると日本市場に参入して約15年強の間に、音声・データ統合ネットワーク製品、マルチサービス・ネットワーキング・インフラ、CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネージメント)、ユニファイドコミュニケーション等のソリューション事業を展開し、日本の大規模コールセンタ向けPBX(構内交換機)市場ではトップシェアを占めています。

日本におけるコールセンタ市場は、北海道、沖縄地域を中心とした多くの企業のコールセンタの運用開始後もニーズは衰えず増加傾向にあります。また、コールセンタの形態については、1.海外との連携型から地域発信(受付)型あるいは在宅型エージェント型といったシステムの面的な多様性から、2.VoIPや電子メール等マルチチャンネルに適応するためのネットワーキングからミドルウエアやアプリケーションなど、様々なフェーズにおいて多様化してきています。

日本アバイアでは、このようなお客様の多様化するニーズにお応えするため、広域でのITサービスインフラを有し、ネットワーク技術、保守・運用のノウハウなどを有するビジネスパートナーを探しておりました。

このように、コールセンタ構築事業に対する両社の方針が一致したことから、互いの強みを活かし、より充実したお客様サービスを目指し、今回業務提携契約を締結することとなりました。

2.業務提携の内容

日本アバイア製品を活用したNTTネオメイトグループ17社によるIPコールセンタの構築、運用・保守と両者による開発、技術検証に係わる包括的な業務提携としました。

3.両社による事業展開とユーザメリット

アバイアは、2002 FIFAワールドカップのオフィシャルパートナーとして大会運営に使用されたネットワーク・インフラを提供しその技術力は証明されています。日本アバイアにおける強みは次の点に挙げられます。

  1. ACD(Automatic Call Distribution)機能に優れ、レポーティングツールが豊富なコールセンタシステムは、アバイアの130年にもおよぶ歴史の中で培われた強みであり、世界で、また日本市場においてもコールセンタ向けPBXでもトップシェアを獲得
  2. 500以上の豊富なテレフォニー機能を備え、99.999%の信頼性と拡張性に優れたモジュラー&スタッカブル アーキテクチャを採用したIP-PBXの製品群「ECLIPS」

また、NTTネオメイトグループにおける強みは次の点に挙げられます。

  1. 西日本および東京事務所を加えた全国400ヶ所のサービスセンタとITスペシャリストによるIT-サービスインフラ
  2. IP-VPNの全国ネットワークと西日本30府県に構築した地域密着型データセンタ
  3. お客様満足を主体としたサービスレベルアグリーメントの提供

これらの両者の強みのアライアンスにより、1.数十拠点をネットワーク化した大規模なコールセンタニーズから、2.中小企業で初期投資を抑えながら小規模なコールセンタを構築したいというニーズまで、幅広いニーズにお応えできるコールセンタ構築事業を積極的に推進します。

今回の業務提携は、IP網を利用したより安価な大規模コールセンタの構築が可能となる他、スモールスタートしたいユーザにはコールセンタに用いる主要設備をデータセンタ内に収容し、それをシェアすることでより安価な投資コストで、またリーディングタイムを短縮しながらコールセンタを開設することが出来るというメリットをお客様に享受いただくことができます。

4.コールセンタのオペレーションやコンサルティングについて

一般企業のコールセンタコンサルティングやオペレーション等に強みを持っているNTT西日本の営業系アウトソーシング会社 NTTマーケティングアクト社とも相互連携しながら、IPコールセンタの構築のみならず運用まで、今回の業務提携を機会に、今後お客様の幅広いご要望にお応えしていきます。

<補足>

(*1)株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(NTTネオメイト)
所在地:大阪府大阪市中央区内本町2丁目2-5
代表者:代表取締役社長 西村 憲一
URL:http://www.ntt-neo.com/

(*2)日本アバイア株式会社
所在地:東京都港区六本木1-4-33
代表者:代表取締役社長 鵜野 正康
URL:http://www.avaya.co.jp/ [別ウィンドウ表示]


ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ