> > > AQStage PF リモートエージェントサービスの提供について

ニュースリリース

平成14年12月11日

株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト

AQStage PF リモートエージェントサービスの提供について

〜リモートメンテナンス及びマネージメント向け「AQStage PF リモートエージェントサービス」を12月26日から提供いたします〜

株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(以下NTTネオメイト 大阪市中央区 代表取締役社長 西村憲一)は、今回、遠隔でのメンテナンス及びマネージメント向けに、複数拠点にある各種機器・設備(製造機器設備、環境設備、エネルギー設備、ビル設備等)データをNTT研究所が開発したデータフォーマットに変換することにより、一元的に管理することが可能なプラットフォーム「AQStage PF(アクステージ プラットフォーム)リモートエージェントサービス」の提供を開始いたします。また、本プラットフォーム上に企業様がお持ちのメンテナンス用のアプリケーション等を組み込んでいただくことでASP事業を行なっていただくことも可能です。
なお、本サービスの提供にあたっては、NTTネオメイトグループ17社が一体となって取り組み、サービス品質の向上に努めていきます。

1.サービス提供の背景

機器や設備のメーカ様や運用事業者様における遠隔地の機器・設備のメンテナンスは現在、多くの場合、電話やFAXにより故障受付・問診を行っているため、状況把握等に多大な稼動を要しています。また、監視システムを導入している場合でも拠点毎、機器・ 設備毎に専用システムや個別回線が必要となることによるコスト増大や非効率性等が課題となっています。

NTTネオメイトでは、このような課題にお応えするため、複数拠点にある各種機器・設備の運用データを共通的にあつかうことが可能なリモートメンテナンスの基本システム(プラットフォーム)を独自に開発しました。

このプラットフォームを各事業者様にお使いいただくことにより、従来に比べ、効率的なリモートメンテナンス環境が安価に実現でき、その結果、お客様機器・設備の早期故障回復、予防保全、コスト削減、 CS向上等を図ることができます。

サービス提供の背景
画像をクリックすると拡大します [別ウィンドウ表示]

2.サービスの特徴

(1)低価格でのシステム構築
リモートメンテナンスに必要な基本機能をプラットフォームとしてご用意していますので、自社でのシステム構築に比べ、短期間・低コストでリモートメンテナンス等のシステム環境整備や運用を実現していただけます。また、管理対象拠点や機器・設備に対しても即応できる等、拡張性についても優れています。

(2)複数拠点にある各種機器・設備データの一元管理
機器・設備の運用データを、XML(eXtensible Markup Language)をベースにNTT研究所が開発したFDML(Field Data Markup Language)形式に変換して収集するので、機器・設備のメーカや種類毎に異なるデータ形式の違いを吸収し、複数拠点にある各種機器・設備データを一元的に管理することが可能となります。

(3)容易なオペレーション
本サービスには、利用者認証・アクセス権等のユーザ登録、蓄積データの検索・削除及び管理対象拠点、機器・設備の登録等のオペレーションを事業者様のパソコン等から容易に行っていただける機能をご用意しています。

(4)高度なセキュリティ機能
本サービスでは、インターネットを利用していますが、一般的に課題となる不正アクセスやデータの盗聴・改ざんの危険を回避するため、ファイアウォールやVPN(Virtual Private Network)装置を使用しており高度なセキュリティを確保しています。
また、本プラットフォームは、NTTネオメイトのデータセンタ(AQstage DC)内に構築しているため、システムやデータ保管におけるセキュリティについてもご安心いただけます。

(5)個別アプリケーションの提供機能
本サービスでは、収集した機器・設備の運用データの加工等を行う基本アプリケーションはご用意していますが、それ以外のメンテナンス用アプリケーションを本サービスプラットフォーム上に組み込むことも可能となっています。これにより、メンテナンス向けのアプリケーションをお持ちの企業様が、アプリケーション提供(ASP)事業を行っていただくことが可能です。

個別アプリケーションの提供機能
画像をクリックすると拡大します [別ウィンドウ表示]

3.サービス内容

サービス内容

(1)機器・設備データ管理支援機能【メンテナンス事業者様向け】

(2)機器・設備データ管理AP支援機能【AP提供事業者様向け】

4.サービス対象エリア

全国を対象とします。

5.サービスメニューおよび標準提供価格


サービスメニュー及び機能 標準価格
リモートエージェントサービス 機器・設備データ管理支援機能 初期費用 300,000円
月額費用 78,000円〜
機器・設備データ管理AP支援機能 初期費用
200,000円/1サーバ
月額費用
300,000円/1サーバ

※お客様ネットワーク・機器及び工事費用等は別途ご負担となります

6.サービス開始日

平成14年12月26日(木)
※サービス利用申込みは12月12日の午前10時から受付けます

7.今後のサービス展開

当面は国内でサービスを開始し、アジア等の海外拠点については、お客様からのグローバル化等のご要望に応じて順次拡大する予定です。
また、アプリケーションや蓄積データとの連携機能の充実等についても同様に順次実施する予定です。

【参考1】用語の解説

  1. エージェント(agent)
    ユーザーがいちいち指示を与えるのではなく、場面に応じて一連の作業を自動的に行なうことが可能なソフトウェアシステムを指す。
  2. プラットフォーム
    主にソフトウェアを実行するために必要な環境を言い、OS、ミドルウェア、ハードウェア、またはそれらを合わせたものを意味する。
    NTTネオメイトで提供するプラットフォームは上記に、認証、ユーザ管理、アクセス制御、データ蓄積・管理、セキュリティ等の各種機能を総合的に兼ね備えた高機能な仕様となっている。
  3. メンテナンス事業者
    ユーザ設備のメンテナンスを行う企業。
    具体的には工作機械、製造設備、ビル設備、環境設備等のメンテナンス企業が対象。
  4. アプリケーション(AP)
    コンピューターを使って機器・設備の監視やメンテナンスをするために作られたプログラム。
  5. アプリケーション提供事業者
    機器・設備の監視やメンテナンス用のアプリケーションを開発・販売する企業。
  6. XML(eXtensible Markup Language)
    文書構造の記述言語で、文書内のデータに対して,ユーザが独自の属性情報や論理構造を定義できる。
  7. FDML(Field Data Markup Language)
    機器・設備から出力されるデータを記述するフォーマット。データフォーマットは機器・設備メーカ毎に異なるが、本フォーマットを使用することで、あらゆる機器・設備に接続が可能となる。
  8. ファイアウォール(Fire Wall)
    コンピュータやネットワークを、外部からの不正な侵入から守るための防御システム。
  9. VPN
    インターネット上等で認証技術や暗号化を用いて保護された仮想的な専用回線を実現したネットワーク。
  10. CAD/CAM
    コンピューターを利用した機械・電気製品などの設計及び製造システム。
  11. ホスティング
    インターネット上等でアプリケーション等を提供したいお客様向けにサーバを提供するサービス。

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ