> > > GISソリューション事業の本格展開について

ニュースリリース

平成14年12月25日
株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト

GISソリューション事業の本格展開について

〜GIS(地理情報システム)ソリューションサービス"EXPLANET(エクスプラネット)"を1月6日からサービス開始〜

株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(以下NTTネオメイト 大阪市中央区 代表取締役社長 西村憲一)及びNTTネオメイトグループ各社は、通信事業者として培ってきたノウハウ・技術と地域密着したサービスネットワークをフルに活用し、グループの総力によりソリューション提案からメンテナンスまでワンストップで推進する本格的なGISソリューションサービスを"EXPLANET"として1月6日(月)からサービス提供を開始することといたします。

1.サービス開発の背景

e-Japan構想の推進に伴う住民サービスの向上や、企業にとっても大切なお客様へのサービス向上やTCO削減および収益向上などのためにGISソリューションに対するご要望が増大しております。
このようなご要望にお応えするため、ネオメイトグループでこれまでに培ってきたGPS,GIS,Web,ネットワーク技術等と地域に密着したサービスネットワークをフルに活用することで、EXPLANETとしてGISトータルソリューションサービスを全国で本格的に展開することといたしました。

2.GISトータルブランド名称「EXPLANET」について

「EXPLANET」はNTTネオメイトグループが提供するGISソリューションビジネス全般を指し示すブランド名として使用します。
今後、ブランド名に込めた専門的ノウハウ・サービス体制をフルに活用し、お客様に安心・信頼・品質・リーズナブルな料金をモットーに、お客様にご満足いただけるサービスを展開します。

EXPLANET エクスプラネットロゴ

(意味)
EXpert Products for LAndmapping on NEtwork Technology
(ネットワーク技術を活用した地図情報の専門商品群)

3.ご提供するソリューションサービス

基本はSI(システムインテグレーション)としてのオーダメイドシステムですが、今回発表するASPやパッケージサービスの提供もいたします。
今回はEXPLANET第1弾として、

  1. 配車支援システム
  2. トラック情報ネットワークシステム
  3. 道路標識等管理システム

の3つの位置情報管理サービス(3.を除きASP方式を基本とします)をご提供することとします。

現在、車両などの位置や状態を管理するシステムやサービスが各社より提供されていますが、お客様から「ランニングコストが思った以上にかかり、費用が回収できない」「車載装置が専用ユニットなので設置が面倒で、機能改善範囲も限られてしまう」「導入効果が見えにくい」などの課題がありました。
そこで、今回ご提供するサービスは、センタでの管理ソフトをASPでご提供するとともに、車両端末としてDoPaチップを内蔵したPDA(PocketPC)を採用することにより車両への設置性向上や車内での情報処理機能向上、通信コストの削減を実現しており、従来のシステムに比べトータルとして初期導入費用やランニングコストを削減することができます。
これらのサービスやシステムに用いる地図データベースは、当社が提供する地図データ以外にもお客様のニーズに合わせて他社の地図データを組み合わせてご利用いただくことも可能です。

(1)配車支援システム

1.概要
NTTグループ内で数千に及ぶ故障修理車両の運行を統括管理運営している技術・ノウハウをベースに、一般の企業向けにチューンした商品が「EXPLANET 配車支援システム」です。
「EXPLANET 配車支援システム」は、移動端末としてGPS付PDA端末を用い、DoCoMoのDoPa網を利用して位置・状態に関する情報をネオメイトグループが運用するASPセンタにリアルタイムで送信します。
ASPセンタに集められた情報は、インターネットを通じてお客様事務所にある管理用PC端末に送信され、配車を行うオペレータは、車両の位置・状態をリアルタイムに事務所の管理用PC端末で把握することが出来ます。
また、事務所の管理用PC端末より、ASPセンタ経由で移動端末に目的地周辺の地図や、情報を送信することも出来ます。

2.特長
一般に位置情報をリアルタイムで送信するには、通信を頻繁に行う必要がありますが、「EXPLANET 配車支援システム」では、通信コストを低減する機能として営業エリア内にいる車両に対してのみ通信する等、リアルタイムな情報が必要な端末と、その必要のない端末を区別する機能などお客様利用形態に応じて選択していただけるいくつかの通信コスト低減機能を有しております。
その他、移動端末としてPDA、ソフトウェアとしてPF構造を採用したことにより、アプリケーションの改造、追加が容易に行えます。
導入費用についても、ASP方式なのでお客様でのシステム構築が不要です。

3.販売価格

月額利用料金 移動端末(PDA) 2,000円/台〜
事務所用管理PC端末 20,000円/台〜

カスタマイズ、ハードウェア及び工事費は別途費用が必要です。
なお、システム販売の場合は個別に対応させていただきます。

(2)トラック情報ネットワークシステム

1.概要
本システムは、トラックに取り付けた各種センサーからの情報(速度、エンジン回転、燃料使用量、位置等)を、DoCoMoのDoPa網を利用してASPセンター経由でお客様事務所に設置していただく管理PCに情報を送信します。お客様は、管理PCを操作することで、トラックの位置や速度・燃費などの運行状況把握したり、運転内容を分析することが出来ます。
これにより消費燃料の管理及び安全運転の管理を徹底することなどで、経費節減を図れます。

2.特長
車両には、燃料の流量計が設置され、燃料の測定が厳密かつリアルタイムに行えます。 また、走行状態や、燃費等の解析結果から管理者が運転を指導するためのカウンセリングシートを自動作成することが出来ます。

3.価格

システム導入費用 車載機器 50万円/台(工事費込)
管理PC用ソフトウェア 45万円/台
運用費用(ASP利用料・通信費込み) 5千円程度/台

カスタマイズ、ハードウェア及び工事費は別途必要です。

(3)道路標識等管理システム

1.概要
本システムは、道路標識等を電子地図上にプロットし、検索・集計できるシステムです。
電子地図と標識等データは管理事務所で一元的に管理できます。

2.特長
高速WebGISエンジンを採用していることで快適なGIS環境を提供します。
標識等の設置業務において積算から設置までの業務をサポートします。
作図・計測機能を利用して管理資料作成が容易です。

3.価格
システム費用 9百万程度/10ライセンス
カスタマイズ、地図データ、ハードウェア及び工事費は別途必要です。

4.サービス提供エリア

全国

5.販売開始時期

平成15年1月6日(月)

6.今後の予定

今後も電子自治体向けサービスやシステムを中心に新規メニューを追加するとともに、今回提供する各システムの機能充実を図る予定です。
また、地図データベースについてはこれまでも取り組んできましたが、今後も他社コンテンツとの連携などにより、一層充実していく予定です。

(参考)
別紙1・・・配車支援システム [別ウィンドウ表示]
別紙2・・・トラック情報ネットワークシステム [別ウィンドウ表示]
別紙3・・・道路標識等管理システム [別ウィンドウ表示]


ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ