> > > (参考2)サービスの特徴及びアクセス回線種別、オプションサービスメニュー

ニュースリリース

(参考2)用語の解説

IP-VPN(Internet Protocol Virtual Private Network)
通信事業者が提供する専用のネットワーク上で構成する仮想的な専用回線です。通信事業者のネットワークを利用するため、閉域性及びセキュリティが高いのが特徴です。通信プロトコルはIP(=Internet Protocol)を使用します。
IP-VPN
クリックすると、図を拡大表示します。 [別ウィンドウ表示]
広域イーサネット
LAN用として開発されたイーサネット技術を、遠隔地を結ぶWANに応用したネットワーク接続サービス。I Pだけでなく、さまざまなプロトコルのパケットをやりとりすることが可能
ルータ
ネットワーク上を流れるデータを他のネットワークに中継する機器
IPsecルータ
インターネットで暗号通信を行なうためのルータ
VoIP(Voice over Internet Protocol)
インターネットやイントラネットなどのTCP/IPネットワークを使って音声データを送受信する技術
VoIPゲートウェイ
音声信号をIPデータに変換したり、IPデータを音声信号に戻すための装置
VoIPゲートキーパー
システム内のVoIPゲートウエイやIP電話機(IP電話専用端末)の管理、内線電話番号とIPアドレスの変換等を行う装置
ダークファイバ
敷設されていながら使用していない光ファイバー
バックボーンネットワーク
IP-VPNサービスを提供するための県間ネットワーク
AQStage(Advanced Quality Stage)
NTTネオメイトが提供する、あらゆるITサービスを提供する高品質なネットワークサービスの法人向けブランド名称
ATMメガリンク
NTTコミュニケーションズ(株)が提供する、高速・広帯域な専用線サービス
メガデータネッツ
NTT西日本・東日本が提供するATM技術をベースにしたネットワークサービス。エンド・エンドの固定した通信形態に適した「PVC(相手固定通信)メニュー」と、複数の事業所間でグループを形成して通信する「CUG(グループ内通信)メニューの2種類がある

←「AQStage IP-VPNサービス」の本格サービス開始についてへもどる


ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ