> > > AQStage広域イーサネットのサービス拡充およびサービス品質保証制度の導入について

ニュースリリース

平成16年3月31日
株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト

AQStage 広域イーサネットのサービス拡充
およびサービス品質保証制度(SLA)の導入について

〜マーケティング・設備管理分野での新たなソリューションメニューの展開〜

株式会社 エヌ・ティ・ティ ネオメイト(以下、NTTネオメイト、本社:大阪市中央区、代表取締役社長:西村憲一)およびNTTネオメイトグループ各社*は、自治体・企業向けネットワークサービス「AQStage*広域イーサネットサービス」について、新バックボーンネットワーク*の構築が完了し、4月1日よりサービス拡充及び価格低減を図った広域イーサネットサービスを全国で開始します。また、同時に業界最高レベルのこれまでにない多彩な7項目のサービス品質保証制度*(SLA)を導入いたします。

1.AQStage広域イーサネットサービスの概要

本サービスは、標準的に社内LANで使用されているイーサネット*環境をそのまま使用し、容易にお客様の複数拠点を高速・大容量で相互に接続するとともに、専用線等に比べて通信距離に依存しない料金体系により、高いコストパフォーマンスを実現します。ビジネスユーザの情報通信システムに必要な信頼性・セキュリティ・実用性を兼ね備えた、ネーションワイドなサービスです。

昨年4月にご提供を始め、ご導入頂いた企業では、本社と各地拠点との大容量データ通信用や、NTT西日本・東日本のフレッツ・グループ*ご利用時の東西接続用などにお使い頂いています。

2.新たなバックボーンネットワークの構築

企業通信における「高速化・広域化・低廉化」、「高い信頼性の確保」等のお客様ニーズにお応えするため、バックボーンネットワーク*にダークファイバ*を用い新規構築しました。日本全国のアクセスポイントをギガビットクラスのWDM*(波長多重)装置で接続し、帯域を600Mから最大10Gへ大幅増強するとともに、ATM回線を中継に利用しないシンプルなネットワークを構成することで、従来と比較して通信品質・信頼性を向上させることができました。

3.業界最安値レベルの価格を実現

バックボーンネットワークのダークファイバ化等により大幅なコスト削減を実施し、サービス利用料金については業界最安値レベルまでの引き下げを実現しました。
これにより、高機能・高品質のサービスをお求めやすい価格でご提案させていただくことが可能となりました。

4.サービス品質保証制度(SLA)の導入

高品質で信頼性の高いサービスの提供を約束し、安心してサービスをご利用いただけるよう、業界初(注1)となる「開通予定日」、「年間稼働率」、「故障回復時間」に対するサービス品質保証制度(SLA)を導入いたします。

(注1)広域イーサネットで3項目の設定(H16.3.30現在)
SLA項目 保証の内容
開通予定日の保証 お客様と当社が合意したサービス開通予定日に遅延なく工事完了することを保証します
年間稼働率の保証 サービスの年間稼働率(サービス利用可能時間数/暦年時間数)が99.99%以上となることを保証します
故障回復時間の保証 サービスの故障が発生した場合、1時間未満で故障回復することを保証します

※上記各項目の保証基準値が満たされなかった場合、その状況に応じてサービス利用料金を返還いたします。(詳細は別紙のとおり)
今後、「故障通知時間*」、「伝送遅延時間*」、「ゆらぎ*」、「パケット破棄率*」に対するサービス品質保証制度(SLA)を導入し、より信頼性の高いサービスをご提供いたします。

5.サービスの機能拡充

(1)優先制御サービス(オプション)の拡張
優先制御サービスは、ご契約いただいている回線帯域を超えるトラヒックが発生した際に、重要度の高いデータに優先度を付与することにより、通信時におけるデータの破棄を防止するサービスです。
従来では、2段階(優先、非優先)だった優先制御機能を、今回、最大3段階(最優先、優先、非優先)に拡張したことにより、音声・映像、ホスト系データ等の重要なアプリケーションのレスポンス向上、通信帯域の有効活用等について、より利便性が向上しました。

(2)アクセス回線メニューの充実
現在、NTT西日本・東日本が提供するメガデータネッツ、ATMメガリンク、アーバンイーサ(西日本)、メトロイーサ(東日本)、ディジタルアクセスサービス、ワイドLANプラス(西日本)、スーパワイドLAN(東日本)、フラットイーサが利用可能となっておりますが、NTT西日本・東日本が提供する「フレッツ・オフィス ワイド」を追加します。

サービスの概要図

6.提供開始時期

平成16年4月1日

7.提供エリア

全国で提供します。

8.今後の予定

今後も「AQStage 広域イーサネットサービス」のサービス拡充を行っていきます。また、「AQStageIP-VPNサービス」につきましても、順次新たなサービス追加を行っていきます。

【別紙】

品質保証制度(SLA)の保証基準値を満たさなかった場合における料金返還の概要

1.開通予定日の保証

遅延日数 料金返還率※
1日 違約金算定基準額の10%
2日〜14日 違約金算定基準額の11%〜23%(1%/日)
15日〜27日 違約金算定基準額の25%〜49%(2%/日)
28日以上 違約金算定基準額の50%

2.故障回復時間の保証

故障回復時間 料金返還率※
1時間〜2時間未満 違約金算定基準額の10%
2時間〜4時間未満 違約金算定基準額の20%
4時間〜6時間未満 違約金算定基準額の30%
6時間〜8時間未満 違約金算定基準額の40%
8時間〜3日未満 違約金算定基準額の50%
3日〜 違約金算定基準額の100%

3.年間稼働率の保証

稼働率 料金返還率※
99.98%〜99.99%未満 当該暦年の違約金算定基準額の平均額の1%
99.80%〜99.98%未満 当該暦年の違約金算定基準額の平均額の3%
99.50%〜99.80%未満 当該暦年の違約金算定基準額の平均額の5%
99.00%〜99.50%未満 当該暦年の違約金算定基準額の平均額の10%
99.00%未満 当該暦年の違約金算定基準額の平均額の20%

※違約金算定基準額とは、月額のサービス利用料金(オプション利用料金を除く)をいいます。

(用語の解説)

NTTネオメイトグループ各社
NTT-Neomeit関西、NTT-Neomeitみやこ、NTT-Neomeit兵庫、NTT-Neomeit名古屋、
NTT-Neomeit静岡、NTT-Neomeit岐阜、NTT-Neomeit三重、NTT-Neomeit北陸、
NTT-Neomeit中国、NTT-Neomeit東中国、NTT-Neomeit山口、NTT-Neomeit四国、
NTT-Neomeit九州、NTT-Neomeit中九州、NTT-Neomeit南九州、NTT-Do
AQStage(Advanced Quality Stage)
NTTネオメイトグループが提供する、法人・自治体様向けブランド名称。
フレッツ・グループ
フレッツアクセスライン利用者どうしによるグループ内通信を可能とするサービス。NTT西日本はフレッツ・グループ、NTT東日本はフレッツ・グループアクセスと呼ぶ。
バックボーンネットワーク
広域イーサネットサービスを提供するための県間ネットワーク。
サービス品質保証制度(SLA:Service Level Agreement)
利用者にサービスの品質を保証する制度。サービス品質の保証項目及びそれらを実現できなかった場合の利用料金の減額に関する規定などをサービス契約に含めること。
イーサネット
パソコンなどのコンピュータを相互接続してLANを組むときに使用する規格。接続する際のケーブルの規格やデータ伝送のルール等を規定。
ダークファイバ
敷設されていながら使用していない光ファイバー。
アクセスポイント
アクセス回線を広域イーサネット網と接続するために設けた施設。
WDM(Wavelength Division Multiplexing)
光ファイバーを使った通信技術の一つ。波長の違う複数の光信号を同時に利用することで、光ファイバーを多重利用する方式。
故障通知時間
保守部門が故障を発見してからお客様に故障を通知するまでの時間。
伝送遅延時間
広域イーサネット網内の区間において、データの送受信に要する時間。
ゆらぎ
パケットの送信間隔が変動すること。
パケット破棄率
通信中にパケットの破棄が発生する確率。
IP-VPN(Internet Protocol Virtual Private Network )
通信事業者が提供する専用のネットワーク上で構成する仮想的な専用回線。通信事業者のネットワークを利用するため、閉域性及びセキュリティが高いのが特徴で、通信プロトコルはIP(Internet Protocol)を使用。
パケット
制御情報(送信先アドレスなど)を付加したデータの小さなまとまりのこと。

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ