> > > 三重県内の障害者による光ブロードバンドを活用した在宅テレワークの開始について

ニュースリリース

平成17年2月8日
株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト

三重県内の障害者による光ブロードバンドを活用した在宅テレワークの開始について
〜NTTネオメイトのデジタル地図などの作成・編集業務を実施〜

株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(以下、NTTネオメイト、大阪市中央区、代表取締役社長:西村 憲一)では、光ブロードバンドを活用した新たなビジネスモデルの創出と通勤が困難な方々の就労機会の創出を目的に、平成15年7月より、 デジタル地図「GEOSPACE(ジオスペース)(*1)」の作成・編集業務に光ブロードバンドを活用し、テレワーク形態を採用した仮想工場「デジタル地図バーチャルファクトリ(*2)」を運営しています。現在、メイン拠点である「デジタル地図センタ」(熊本)のスタッフ約90名と「デジタル地図工房」(6県)のテレワークスタッフ約100名(そのうち通勤が困難な障害者や母子家庭の方々は約50名)が就労しています。

平成17年2月より、三重県様、eふぉーらむ様(*3)のご協力をいただき、新たに三重県内の障害者10名の方々に、自宅の光ブロードバンドに接続されたパソコンで業務を行うテレワークスタッフとして参画いただくことになりました。

1.これまでの取組み

従来、地図の作成・編集業務はオフィスで集中的に行っていましたが、NTT西日本グループが進めるブロードバンドを使った新しいサービス、ビジネスモデルを創出する取組みの一環として、メイン拠点の「デジタル地図センタ」(熊本)とテレワーク拠点の「デジタル地図工房」をブロードバンドネットワークで結び、一体的に作業ができる仮想工場「デジタル地図バーチャルファクトリ」を平成15年7月に開設しました。

当初、テレワーク拠点「デジタル地図工房」のスタッフは16名(熊本県、兵庫県)で開始しましたが、各地の自治体様、福祉関係団体様のご協力により、昨年5月からは、母子家庭の方々にテレワークスタッフとして参画いただくことにより、展開地域を西日本6県(熊本、兵庫、愛媛、広島、福井、三重)に、テレワークスタッフを約100名に拡大し、事業の充実を図ってきました。

業務内容も、エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社(*4)(大阪市中央区、代表取締役社長:廣瀬雄二郎)が提供する携帯情報端末で購読できるデジタルコミック向けコンテンツの作成業務を開始するなど、テレワーク形態でのビジネスモデルの拡大に取り組んでいます。

また、昨年11月にはこの「デジタル地図バーチャルファクトリ」事業が評価され、社団法人日本テレワーク協会(*5)の主催する「テレワーク推進賞(テレワークを自ら実施推進している企業団体の部)」において、会長賞を受賞しました。

2.三重県におけるテレワーク拡大の概要

NTTネオメイトでは更なる事業拡大に向け、光ブロードバンドを活用した在宅テレワークによるデジタル地図工房を拡大していきたいと考えていました。  そのような中、障害者の就労支援事業で先進的な取組みを行っている三重県様及び、eふぉーらむ様のご理解、ご協力により、三重県内の障害者10名の方に新たに「デジタル地図工房」の在宅テレワークスタッフとして参画いただくことになりました。

今回の増員により、「デジタル地図バーチャルファクトリ」のテレワークスタッフは、合計で110人に拡大されます。

3.今後の展開

今後は、「デジタル地図バーチャルファクトリ」において蓄積したテレワークのシステム・運用ノウハウをベースにして、デジタル地図以外の事業へのテレワークの採用に積極的に取り組み、光ブロードバンドや様々なIT技術の活用によるユニバーサルな社会の実現に貢献してまいります。

【参考】

(*1) GEOSPACE(ジオスペース)
NTTグループが提供する全国版のデジタル地図。フォーマットの充実や世界測地系への対応、全国地図のシームレス化を実現するなどGIS技術の進展に伴う多様なニーズに対応したデジタル地図で、自治体様、企業様向けの様々なGISソリューションにおいて活用されています。
※世界測地系とは、人工衛星等で観測した地球の正確な形状と大きさに基づき、世界的な整合性を持たせて構築された経度・緯度の測定の基準で、国際的に定められている測地基準系をいう。

(*2) デジタル地図バーチャルファクトリ
熊本市に開設した「デジタル地図センタ」とテレワーク就労を行う「デジタル地図工房」とで構成されたデジタル地図「GEOSPACE」の作成・編集等を行う仮想工場のことです。 センタと工房は、NTT西日本のブロードバンドネットワークによりオンラインで結ばれ、地図データの作成・編集を行うクリエータが自宅で一連の業務を実施することが可能になっています。また、工房のクリエータは、テレビ会議システムや画面共有機能によりセンタのスーパーバイザ(指導者)とお互いの顔を見ながら、いつでも指導を受けることができ、最新都市計画図を基に地形・家形の修正作業を行います。

デジタル地図バーチャルファクトリ

(*3) eふぉーらむ
所在地:三重県津市羽所町700番地
代表者:村田 幸子
三重県の障害者就労支援プロジェクトの推進役として、産学公民の関係者で構成されるNPOで、平成14年8月に設立。
在宅で仕事を行う障害者に対して、行政や民間から受注したウェブサイト制作やデータベース構築、データ入力などの業務を提供し、サポートを行う。
また、ITスキル向上など能力開発事業も積極的に展開している。

(*4) エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社
所在地:大阪市中央区北浜4−7−28 住友ビル2号館
代表取締役社長:廣瀬雄二郎
設立:平成14年4月1日
事業内容:ブロードバンドネットワークを用いたコンテンツ流通事業

(*5) 社団法人日本テレワーク協会
所在地:東京都千代田区麹町3−2−5
会長:立川敬二
URL:http://www.japan-telework.or.jp/ [別ウィンドウ表示]
1991年に日本サテライトオフィス協会として発足し、主務省庁(総務省・厚生労働省・経済産業省・国土交通省)共管による公益法人として、テレワークに関する研究や実証実験の推進、わが国初の「テレワーク白書」の発行、新しいライフスタイルに関するシンポジウムやセミナーの実施、テレワークのモデル事例を「テレワーク推進賞」として表彰する等、テレワークの普及促進を図っている。
2000年に現在の名称「社団法人日本テレワーク協会」に改称。


ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ