> > > NTTネオメイトとネットマークス、シンクライアントビジネスで協業

ニュースリリース

平成17年11月14日
株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト
株式会社ネットマークス

NTTネオメイトとネットマークス、シンクライアントビジネスで協業
〜既存PCへのモジュールの実装により低コストでシンクライアント化が可能に

株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(以下、NTTネオメイト、本社:大阪市中央区、代表取締役社長:西村憲一)と株式会社ネットマークス(以下、ネットマークス、本社:東京都港区、代表取締役社長:大橋 純)は、ネットマークスの先進的なIT製品開発力と、NTTネオメイトグループの地域に密着したITサービス展開力とフルサポート力を融合して、シンクライアント環境を低コストで構築できるシンクライアントモジュール「NBORN(エヌボーン)」※1を活用したシンクライアントビジネスを共同で展開します。

「NBORN」は、既存PCに内蔵されているハードディスクを取り外して実装することで、ハードディスクを保有しないシンクライアントとして利用できる、ネットマークスが開発したシンクライアント専用モジュールです。「NBORN」は、ハードディスクの代わりに、読み取り専用のフラッシュメモリを実装し、データの保存ができないようにすることで、PCの盗難・紛失による情報漏えいを防止します。また、新規にシンクライアントを購入しなくても、既存PCをシンクライアントとして活用できることから、低コストでシンクライアント環境が構築できると共に、導入後のPC運用・サポートに関わる運用管理コストを削減することも可能です。

NTTネオメイトでは、現在、既存システムにおける脆弱性のチェックや業務改善などを含めたコンサルティングからシステムの構築・運用・保守までをワンストップかつトータルに展開する情報セキュリティ対策として「シンクライアント・トータルソリューション」を本年9月1日より展開していますが、「NBORN」を活用した低コストでのシンクライアント環境の構築が可能となったことで、西日本各地にサービス拠点を持つ地域密着型のサポート体制と、24時間365日体制でのシンクライアントシステムの運用・保守窓口を強みとして、更に積極的に本ソリューションを展開していきます。

1.背景

本年4月に完全施行された個人情報保護法を受け、企業や自治体を中心に情報セキュリティ対策が重要視されています。情報漏えいは、外部からの不正アクセスよりも、内部からの情報の不正な持ち出しやPCの盗難・紛失といった内部の要因によるものが多いと考えられ、組織内の個人のモラルに依存しない情報セキュリティ対策が必要となっています。

こうした背景のもと、組織内部のPCの資産(アプリケーションやデータ)をサーバで一元管理し、ネットワーク経由でサーバ上のアプリケーションを起動させるシンクライアントシステムに注目が集まっています。シンクライアントではハードディスクを持たずに、入力や表示といった最低限の機能に限定しているため、情報漏えいのリスクやウイルス感染の危険性が軽減されます。

また、アプリケーションソフトはサーバで一元管理するため、シンクライアントにおけるアプリケーションソフトやOSのインストールやバージョンアップ作業が軽減され、管理者の負担軽減と運用コストの削減が図れます。

調査会社のIDCジャパンによると、2004年の出荷台数は2、3万台程度といわれていたシンクライアント市場が、2009年には47万台に達すると予測しており、企業の情報漏えい対策を目的に、今後急速に導入が進むと予想されます。

2.主な協業内容

本協業により、内部からの情報漏えいを防止するシンクライアント環境をコンサルティングからシステムの構築・運用・保守までを地域に密着したサポート体制で提供します。これにより、きめ細かなサポートを、身近なところでフレキシブルにかつリーズナブルな価格で提供することが可能となります。

(1)既存PCを活用した低コストでのシンクライアントソリューションを提供(11月14日より販売開始)【資料1】

読み取り専用のフラッシュメモリを採用した専用モジュール「NBORN」を、既存PCのハードディスクの代わりに実装することで、ハードディスクを保有しないシンクライアント環境を提供します。

[1]専用端末として活用

「NBORN」を実装し、搭載しているWebブラウザを活用することで、セキュアな業務専用端末として活用することが可能です。

一般企業
営業担当が外出先からFOMA※や公衆無線LANを利用し、社内システムに接続することで、グループウエアやメール及びインターネットなどモバイル環境で活用【資料2】
コールセンタ
Webブラウザで活用できるCTIシステムの既存クライアント端末を、シンクライアントとして活用【資料3】
自治体
タッチパネル機能やWebブラウザを活用して、街角のキオスク端末として活用【資料4】

[2]情報漏えい防止対策としての活用

企業や自治体の情報漏えい防止対策として、コンサルティングからシステムの構築・運用・保守まで、お客様別ニーズに商品を組み合わせ、低コストでシンクライアント・システムを提供します。既存PCをシンクライアントとして活用することで、新規にシンクライアントを購入する場合と比べ、約60%のコスト削減が見込めます。

更には、取り除いたハードディスク内に残存するデータを完全消去するNTTネオメイトグループの「Neo’z NEODELETE」と組み合わせ、情報漏えい防止を強化します。【資料5】

(2)バイオメトリクス認証などと組み合わせたトータルソリューションの提供

両社では、数多くのセキュリティシステム構築経験で蓄積したノウハウを生かし、「NBORN」にバイオメトリクス認証などを組み合わせ、セキュリティを強化したソリューションを開発・提供してまいります。

3.提供価格

デスクトップPC用モジュール 25,620円/台(税込み)〜
ノートPC用モジュール 26,670円/台(税込み)〜
※上記価格には基本工事費を含んでおります。

4.今後の展開

両社は、今後更に協業分野を拡大し、サービス・ラインアップの充実を図り、各地域の企業や自治体のニーズにきめ細かく応え、スピーディーにサービスを提供していきます。

以上

※1.「NBORN(エヌボーン)」に関しては、商標登録出願中。
※2.記載されている会社名及び製品名等は、各社の商標または登録商標です。
※3.提供価格、出荷(サービス)開始時期については予告なく変更する場合があります。

【資料1】

<製品仕様>
製品形態 IDE互換フラッシュメモリ (OS内蔵)
OSカーネル Linux 2.4.xx
容量 64MB (空き容量 約33MB)
対応ネットワーク 有線LAN(10MB/100MB/1G)
無線LAN(802,11B)
PPP
PPPoE
搭載ソフトウェア RDPクライアント
ICAクライアント(Ver.8.5)
標準搭載 Secure Global Desktop, Terminal Services Edition
コネクタ形状及び外形寸法
40ピン Female (ピッチ2.54mm)
デスクトップ
56mm×29mm×8mm
40ピン Female
44ピン Male (ピッチ 2mm)
ノート
70mm×100mm×8.5mm
44ピン Male
<動作環境>
CPU Pentium100 MHz以上および、Pentium互換
メモリ 64MB以上

【資料2】

資料2 搭載ブラウザを活用して、グループウェア、メールの活用。業務システムの専用端末として活用

【資料3】

資料3 WebブラウザCTIシステムの場合、既存PCにNBORNを実施し、ディスクレス端末として高セキュリティを実現

【資料4】

資料4 タッチパネル機能を活用して、街角のキオスク端末として活用

【資料5】

資料5 コンサルティングから構築・運用・保守までのトータルソリューション イメージ
クリックすると大きな画像で表示されます。 [別ウィンドウ表示]

<株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト>

株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(NTTネオメイト)
所在地:大阪府大阪市中央区内本町2丁目2−5
代表者:代表取締役社長  西村 憲一
URL:http://www.ntt-neo.com/

<株式会社ネットマークス>

株式会社ネットマークス
所在地:東京都港区元赤坂1−3−12
代表者:代表取締役社長  大橋 純
URL:http://www.netmarks.co.jp/ [別ウィンドウ表示]

ネットマークスは、メーカにとらわれることなく時代に即したネットワーク構築というニーズの高まりを背景に、マルチベンダ環境でのネットワークシステムインテグレータとして1997年に設立されました。『We are here on customers' side.』をスローガンに掲げ、お客様の立場で考えた最適なソリューションと誠実できめの細かいサービスを提供することを目指しております。

最新技術にも柔軟に対応するネットワークシステムの構築をベースに、重要な情報を確実に守るセキュリティシステム、データを安全に保管し最大限に有効活用するためのストレージネットワークシステム、また構築したシステムの運用・監視を行なうアウトソーシングサービスの4つのソリューションを基幹ビジネスと位置付け、これらを融合させ、設計、構築、運用・監視、保守にいたるまでトータルにお客様をサポートしております。

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ