> > > 「情報保護サービス(認証)」の提供開始について

ニュースリリース

平成18年2月15日
株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト

「情報保護サービス(認証)」の提供開始について

株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(以下、NTTネオメイト、本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:西村憲一)は、シチズン時計株式会社*1が提供する無線認証セキュリティシステム「CertifGate(サティフゲート)」と三菱電機株式会社*2が提供する指紋センサー「DTL mk4」を、NTTネオメイトグループ*3が提供しているセキュリティソリューションブランド「QSAFE(キューセイフ)*4」の情報保護サービス(認証)としてラインアップに追加し、本日から販売開始します。

1.「情報保護サービス(認証)」の概要

PCからの情報漏えいやPCの不正使用の脅威から守るための、認証機器の提供・構築を行うサービスです。導入から運用まで、西日本エリアの拠点*5に配置された技術者がきめ細かくサポートします。

(1)「CertifGate(サティフゲート)」の概要
送信タグとPCに接続されたアンテナ間の無線通信により本人を常時認証するセキュリティシステムです。
利用者がPCから離れると自動ロックし、利用者以外の不正使用を防止します。さらに、LANを利用した位置検出機能によりPC利用者の所在地を把握することができます。
(2)「DTL mk4」の概要
指紋の情報を利用することで、確実な本人認証を行うセキュリティシステムです。
PCへのログインやスクリーンセーバの解除をパスワードから指紋に置き換えることにより、なりすましの脅威からPCを守ります。

2.提供開始

平成18年2月15日(水)

3.提供価格

認証機器代金+工事料(PCへのセットアップ)[10台導入の場合〕

(1)CertifGate(サティフゲート)
30万円〜(税込)
(2)DTL mk4
28万円〜(税込)

4.お申し込み・お問い合わせ先

電話から
0120-213677(受付時間:平日9:00〜17:00)

【資料1】:語句解説

*1 本社:東京都西東京市、代表取締役社長:梅原 誠

*2 本社:東京都千代田区、執行役社長:野間口 有

*3 NTT-ネオメイト関西、NTT-ネオメイトみやこ、NTT-ネオメイト兵庫、NTT-ネオメイト名古屋 NTT-ネオメイト静岡、NTT-ネオメイト岐阜、NTT-ネオメイト三重、NTT-ネオメイト北陸 NTT-ネオメイト中国、NTT-ネオメイト東中国、NTT-ネオメイト山口、NTT-ネオメイト四国 NTT-ネオメイト九州、NTT-ネオメイト中九州、NTT-ネオメイト南九州、NTT-Do

*4 セキュリティポリシーの策定から、システム構築、診断、実際の運用・監視、新たな対策実施まで「セキュリティマネジメントサイクル」というコンセプトに基づき、お客様の実情に即したセキュリティ環境の実現するトータルセキュリティソリューション

「QSAFE(キューセイフ)」サービスメニュー

監査・診断サービス
  • 情報セキュリティ総合診断サービス (InfoDock)
  • 情報セキュリティ監査サービス

ネットワークセキュリティ対策
  • ファイアウォールパック
  • ファイアウォール運用サービス
  • 不正アクセス監視パック
  • 不正アクセス監視サービス
  • ウィルスチェックサーバ運用サービス
クライアントセキュリティ対策
  • PCマネジメントパック
  • 情報保護サービス(暗号化)
  • 情報保護サービス(認証)(H18.2追加)
コンサルティングサービス
  • セキュリティポリシー策定サービス
  • ISMSコンサルティングサービス
  • プライバシーマークコンサルティングサービス
  • 社員教育サポートサービス

*5 西日本エリア約400ヶ所のサービス拠点

【資料2】:「CertifGate(サティフゲート)」・「DTL mk4」の仕様

 

「CertifGate(サティフゲート)」
CertifGate(サティフゲート)

「DTL mk4」
DTL mk4

特長
(1)PCの画面情報の漏えいを防止
利用者がPCから離れると、瞬時にPCを自動ロック画面の盗み見や、不正使用を防止
(2)シームレスなセキュリティ対策
利用者は送信タグを持っているだけで、特別な操作が必要なく、PCの不正使用を防御
(3)利用者の行き先がすぐに判明
どの送信タグ(利用者)がどの受信機(PC)の近くにあるかを検出 不在者のPCの画面に現在の行き先を表示
(4)PCの使用状況を把握
別売のオプションソフトウェア(CertifLOG)により、誰がどのPCをいつロック/ロック解除したかを把握可能
(5)タグ情報の一元管理
別売のオプションソフトウェア(CertifNET)により、送信タグの情報を一元的に登録/管理
(1)確実な本人認証
PCへのログインやスクリーンセーバの解除を指紋に置き換えることで、確実な本人認証を実現
(2)利用者の利便性が向上
認証に指の情報を使用するため、複雑なパスワードを覚える必要や入力する必要がなくなり、利便性が向上
(3)Webページへのログインも指紋で代行
会員ページなどにログインする際のIDとパスワードをあらかじめ登録しておくことで、次回ログインから指紋で代行することが可能
(4)指紋情報の一元管理
別売のオプションソフトウェアにより、指紋情報を一元的に管理
仕様
サイズ
[ホルダータグ]
横幅:94mm×高さ:77mm×厚み:14mm
[ネームタグ]
横幅:62mm×高さ:34.8mm×厚み:7.8mm
[USBベース]
横幅:54.3mm×奥行:52.1mm×高さ:137.5mm
重さ
[ホルダータグ]
約41g [ネームタグ] 約24g
[USBベース]
約105g (ケーブル、基台含む)
USB規格
USB1.1/2.0対応
通信距離
0.5〜3.0m (設置環境により異なります)
通信規格
微弱電波方式 (300MHz帯)総務省の定める電波法に準拠。TELEC認証済み。
電池寿命
1日12時間使用で約2年 (CR2032使用)
サイズ
横幅:68mm×高さ:33mm×奥行き:75mm
重さ
約90g (ケーブル含む)
照合方法
1対1照合
本人拒否率
0.05%以下
他人受入率
0.001%以下
判定時間
平均1秒 (PC性能に依存)
動作環境
OS
Windows2000、WindowsXP
CPU
PentiumIII 1GHz以上推奨
メモリ
32MB以上で上記OSが推奨する以上のメモリ
HD
10MB以上必要
OS
Windows2000SP以降、WindowsXP
CPU
PentiumIII 1GHz上
メモリ
256MB以上
HD
10MB以上必要

【資料3】 情報保護サービス(暗号化)との組み合わせによるセキュリティ強化モデル

ファイルやハードディスクの暗号化に加え、PCログイン時のセキュリティを高めることにより、情報漏えいに対する防御力がさらに強固になります。

情報保護サービス(暗号化)との組み合わせによるセキュリティ強化モデル

*記載されている会社名及び製品名等は、各社の商標または登録商標です。

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ