> > > 通話料金管理パッケージ「AQStage αNX 料金管理」の提供開始について

ニュースリリース

平成25年6月20日
株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト

通話料金管理パッケージ
「AQStage αNX 料金管理」の提供開始について

 株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(以下、NTTネオメイト、本社:大阪市中央区、代表取締役社長:戸谷典嗣)は、 NTT東日本、NTT西日本のビジネスフォン「NetCommunity SYSTEM αNXⅡ・αNX・αGX※1」で料金管理を行うパッケージとして「AQStage αNX料金管理システム」を販売してきましたが、今回ホテルや病院などに設置の各システムとの連動等サービス機能の拡充を行い、新たに通話料金パッケージ「AQStage αNX 料金管理」(以下、本パッケージ)として、平成25年6月28日から提供開始いたします。なお、本パッケージの先行予約受付を、平成25年6月21日から開始します。

※1

NetCommunity SYSTEM αNXⅡ・αNX・αGXはNTT東日本、NTT西日本の商品です。


1.提供の背景

 NTTネオメイトでは、これまでNTT東日本、NTT西日本のビジネスフォン「NetCommunity SYSTEM αNXⅡ・αNX・αGX」をご利用のお客様が、利用者毎の料金を把握するためのパッケージシステムとして「AQStage αNX料金管理システム」を提供しており、「電話料金の見える化」が低コストで容易に実現できることから、様々な業種、業態のお客様にご愛顧いただいております。

 しかし、現在ご利用中のお客様から「パソコン端末の更改に伴い、新しいOS※2に対応しているのか」といった問い合わせが多数寄せられていました。

 そこで、新しいOS※2への対応に加え、これまでお客様からご要望やお問い合わせが多かった機能の拡充を図ることで利便性の向上を実現した、本パッケージを提供することとしました。

※2

Microsoft Windows 7 64bit版、及びWindows 8 64bit版
MicrosoftWindows 7およびMicrosoftWindows 8はMicrosoftの登録商標です。


2.本パッケージの概要

 NTT東日本、NTT西日本が提供しているビジネスフォン「NetCommunity SYSTEM αNXⅡ・αNX・αGX」をご利用のお客様が本パッケージを導入することにより、利用者毎の電話料金を把握するために必要な料金管理機能を提供します。具体的には、テナントや入居者(寮や福祉施設等)毎に利用した電話料金を請求することや、内線番号(部屋番号)、回線番号単位に請求書を発行することができるので、毎月の電話料金の請求作業の効率化が図れます。

▲システム構成図、及び管理画面・請求書イメージ

3.本パッケージの機能拡充内容

 従来から提供している料金管理システムからの、主な機能拡充内容は以下のとおりです。

(1)Microsoft Windows 7 64bit版、及びWindows8 64bit版に対応

 平成26年4月にMicrosoft WindowsXPのサポートを終了することが案内されていることから、Microsoft Windows7 64bit版、及びWindows8 64bit版でも利用できるように対応しました。また、本対応により現在「AQStage αNX料金管理システム」をご利用中のお客様で、今後パソコンの更改をご検討されている方もご利用いただけるようになります※3

※3

Microsoft Windows 7 64bit版、及びWindows8 64bit版のOSでご利用いただく場合は、本パッケージへのバージョンアップが必要です。費用については、別途お問い合わせください。


(2)通話明細データ出力インターフェイスを提供

 ホテルや介護施設、病院などの宿泊料金等と通話料金を一緒に管理できるよう、新たに通話明細データの出力インターフェイス※4をご提供します。

 例えばホテルでご利用いただく場合※5、従来は宿泊料金や有料テレビの料金、飲食代等のご利用料金と電話料金を別々に管理されているお客様は、それぞれの請求書を別々に作成する必要がありました。しかし、本出力インターフェイスを活用することで、利用者毎の請求料金を一括管理することができ、チェックアウト時の請求処理作業の軽減が図れます。

※4

通話明細データはテキストファイル(CSV形式)でご提供します。

※5

ビジネスフォン主装置に付加したホテルシステム(オプション)とは、連動及び併用はできません。


(3)料金再計算機能の追加

 これまで電話料金体系の変更が生じた際には、手動で1件ずつ修正する必要がありましたが、本機能の追加により、通話料金を手動で修正する必要がなくなるとともに、過去に遡って通話料金の再計算が可能になります。

(4)ビジネスフォン主装置との通信機能の改善

 ビジネスフォン主装置への接続手順を見直し、簡素化しました。従来のシステムでは、料金管理システムを起動後に受信開始の操作を行い、ビジネスフォン主装置との通信を確立させる必要がありましたが、今回の機能拡充により、本パッケージをインストールしたパソコン端末にログインするだけでビジネスフォン主装置との通信が開始し、自動的に通話明細データの取得ができるようになりました。

4.提供料金(参考価格)

189,000円(税込)〜

5.提供開始日

平成25年6月28日(金)

なお、現在導入をご検討されているお客様向けに、平成25年6月21日(金)から事前予約受付を開始します。

6.提供エリア/ご使用条件

全国

本パッケージは、NTT東日本、NTT西日本のビジネスフォン「NetCommunity SYSTEM αNXⅡ・αNX・αGX(TypeLはVer4.0以降に対応)」をご利用しているお客様であれば、全国でご利用いただけます。


7.購入方法

 下記お問い合わせ先へ連絡をいただくか、お客様をご担当している営業担当者にご相談ください。

8.お問い合わせ先

株式会社エヌ・ティ・ティネオメイト
ITビジネス本部アプリケーション事業推進部第三アプリケーション部門
堀田、中谷、濱島、那須
     E-mail:alpha@ntt-neo.co.jp
     Tel:052-204-4712
(受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00 土・日・祝日、年末年始は除く)

【参考】商品ホームページ

http://www.ntt-neo.com/service/ryoukan/

K58130613


ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ