> > > 「AQStage 仮想デスクトップ」マネージドセキュアプランの提供開始について

ニュースリリース
NEWS RELEASE

平成29年3月15日
株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト

「AQStage 仮想デスクトップ」マネージドセキュアプランの提供開始について
〜セキュリティー運用負担の削減とサイバー攻撃リスクの極小化を両立〜

株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(以下、NTTネオメイト 本社:大阪府大阪市中央区 代表取締役社長: 坂口隆冨美) は、NTTネオメイトが提供するクラウド型サービス「AQStage 仮想デスクトップ」の新プランとして「サイバー攻撃リスクの極小化」と「セキュリティー運用負担の削減」を両立した「AQStage 仮想デスクトップ マネージドセキュアプラン」(以下、本プラン)を、平成29年3月15日から全国で提供開始いたします。

1.本サービス提供の背景【別紙1】参照

NTTネオメイトでは、これまで「AQStage 仮想デスクトップ」を中心とするワークスタイル変革商材により、情報セキュリティーの内部脅威(PCの紛失や内部関係者の情報持ち出しなど)への対策を講じてまいりました。

近年、内部脅威だけでなく標的型攻撃をはじめとした外部からのセキュリティー脅威も急増し、その手口や技術が日々巧妙化・高度化する中で、ワークスタイル変革とセキュリティー対策の両立はますます必要不可欠になっています。

そこでNTTネオメイトでは、これまでの「AQStage 仮想デスクトップ」における”内部からの情報漏えいの発生抑止”によるセキュアなデスクトップ環境の提供に加え、今回新たに”外部からの高度なサイバー攻撃への対策とその運用”までをサポートした「AQStage 仮想デスクトップ マネージドセキュアプラン」の提供を開始することとしました。

2.「AQStage 仮想デスクトップ マネージドセキュアプラン」の概要

お客さまは、本プランを利用することにより「端末のガバナンス強化」「高度な攻撃の防御」「影響範囲の最小化」の3フェーズでサイバー攻撃リスクを極小化することが可能となり(図1参照)、併せて運用管理者のスキル習熟や日々の運用作業における負担を大きく軽減することが可能です(図2参照)。


図1 マネージドセキュアプラン導入後のセキュリティーリスクの逓減イメージ


図2 AQStage仮想デスクトップ マネージドセキュアプラン導入後の運用業務イメージ

3.ご利用参考料金(税抜)

AQStage 仮想デスクトップ マネージドセキュアプラン

4.提供エリア・ご利用条件

(1)提供エリア

全国

(2)ご利用条件

5.提供(受付)開始日

平成29年3月15日

6.お問い合わせ先

K118170313
ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ