> > AQStage スマートデバイス管理 by AirWatch

AQStage スマートデバイス管理 by AirWatch

AQStage スマートデバイス管理 by AirWatchとは?

スマートデバイス環境を統合管理し、セキュリティと利便性の両立を可能にします。 AQStage スマートデバイス管理 by AirWatch は「デバイス」「アプリケーション」「メール」「コンテンツ」「ID及び認証」 を統合管理することで、従来のMDMでは防ぎきれなかった情報漏えいのリスクを低減するとともに、スマートデバイスの力を最大限に引き出して、ユーザーの生産性を向上させることができます。(従来の「AirWatch」にIDM(VMware Identity Manager)を組み合わせたソリューションとなります。)
※ AirWatch、VMware Identitiy Managerは米国およびその他の国におけるVMware,Inc.の登録商標または商標です。

課題BYOD推進にあたって紛失時に
ワイプできるようにしたい

デバイス紛失時に業務アプリケーション・データのみをリモートワイプ可能

課題スマートデバイスを業務利用するに
あたって情報漏えいを防止したい

ファイルは暗号化して保存し、コンテンツアプリケーションから他アプリケーションへの連携を禁止

課題一定の基準を満たさないデバイスは
社内情報にアクセスさせたくない

MDMで収集した情報(OSのバージョン等)から、一定の基準を満たさないデバイスの認証を拒否

課題MDMだけでは不十分な
情報漏えい対策を強化したい

デバイスだけでなく、アプリケーション単位で動作を制御することでセキュリティを向上

課題スマートデバイスの
メール活用にあたり制限を設けたい

時間と場所による、メールアクセス制限でセキュリティと労務管理上の懸念を払拭

課題アプリケーション利用をセキュリティを維持しつつ利便性を高めたい

SSO(シングルサインオン)機能を利用し、一つのアカウントで管理されているアプリケーションをセキュアに利用

※IDMの機能を利用するためにはお客さま環境内に別途外部連携サーバーの構築が必要となります。

ニーズに合わせて機能を組み合わせ

こんな時にはAQStage スマートデバイス管理 by AirWatch

このページのトップへ