> > > 導入事例/コラム

AQStage 仮想デスクトップ 導入者数5000社以上

導入事例

株式会社 ヨコオ 様

東日本大震災を機にDaaSとIaaSでBCP対策を実現

ヨコオ
本社ビル概観

無線通信・情報伝送機器用キー・コンポーネンツと、
先端デバイスのグローバルトップ・スペシャリスト
株式会社 ヨコオ

● 設立
1951年6月
● 所在地
東京都北区滝野川7-5-11
● 事業内容
車載通信機器分野、無線通信機器分野、セラミックス分野、コネクタ分野、マイクロウェーブ通信機器分野、医療機器分野、社会インフラ用システム分野
● 従業員数
603名
● URL
http://www.yokowo.co.jp/

導入背景

東日本大震災を機にBCP対策に取り組み
DaaS、IaaSの導入を検討

当社では2011年3月に発生した東日本大震災による直接的な被害は少なかったものの、その後の電力危機に伴う輪番停電の対象区域となった富岡工場(群馬県)においては、その影響で生産システム、生産管理システム等に混乱を来たしました。また、主要な量産機能を担う海外生産拠点にも影響が及びました。

私たち情報システム部では、社内、そしてお客さまからも、複数拠点でサーバーを動かせる冗長構成が求められBCPに取り組む中、検討されたのが自社でサーバーを持たず、インターネットを経由してサーバーやストレージ、ネットワークリソースを利用することができるIaaSでした。ただIaaSを導入しても、クライアントPCが物理的に壊れてしまっては機能しませんし、またネットワークのトラフィック量も膨大になります。そこでDaaSも必要になると考えIaaSに先がけて導入することとしました。

選定理由

DaaS本格導入前のPoC(概念検証)により、
課題を一つ一つ解決でき、不安が解消されました。

DaaS導入に際して、数社からご提案をいただきました。選定にあたって当社が重視したポイントは「実績」、「提案力」、「コスト」の3つでした。これらを総合的に検討し、選んだのがNTTネオメイト様の「AQStage 仮想デスクトップ」。DaaSにおいて5万台の運用実績があり、私たちが不安を感じていた運用面を考慮したDaaS構築の提案とあわせ、IaaSも対応していただけることも、選定の決め手になりました。

また同社が提供するPoC(概念検証)も魅力のひとつでした。選定以前に自社で仮想環境を構築し、部署内で1年程度検証を重ねていましたが、当社の場合、社員によって使用するアプリケーションが異なることもあり様々な部門の代表50名程度にモニターを実施してもらい、導入前に逐一検証できたことは非常に助かりました。また、当社の営業拠点にもモニターを依頼し、検証したところ、営業拠点は本社や工場に比べてネッワーク速度が遅く、これまでサーバー内のデータにアクセスするにも時間がかかっていましたが、DaaSによりPCの動作速度が上がったと実感できました。「PoC」は運用する側のノウハウを蓄積する期間になるとともに、ユーザー自身が導入後のイメージを描くことができ、大きなメリットでした。

導入効果

常に変化にチャレンジする“姿勢”が
お客さまから高い評価を得る

「AQStage 仮想デスクトップ」を導入後、「これまでの環境以上にPCの起動が速くなった」、「ファットPCに比べ故障時の対応が容易になった」などのメリットはいくつもありますが、大きく変わったのは、当社の社員のPC環境です。当社の場合、国内の工場や営業拠点への出張が多いのですが、出張先のPCを利用して自分用のPCと同じ環境で業務を行うことが可能になり、出張時にPC本体や付属品を持ち運ぶ負担も軽減しました。

コスト面では、DaaSは古くなった既存のPCを有効活用できるため、新規購入費用を大幅に削減することができました。今後はシンクライアント端末を導入することでPCのセットアップなどにかかっていた時間的なコストも削減できると考えています。

またセキュリティー面においても、シンクライアント端末を利用する事で、端末内にデータを残さないため、出張先等での盗難や紛失による情報漏えいのリスクを防止することができ、万が一紛失や盗難にあったり、端末が故障したりしても、代替機を確保しDaaSに接続するだけで、今まで通りの環境で業務を行うことができます

BCP対策から始まったIaaS、DaaSの導入とセキュリティーに関わる当社のこのような取り組みは、当社業界では先端的であり、お取引先である自動車業界をはじめ国内外のお客さまから高い評価をいただいています。

今後の展望

DaaSとIaaSでより進んだ業務環境へ

DaaSの導入が完了し、IaaSを導入するこれからが本格的なスタートだと考えています。 IaaSの移行準備を2016年8月より開始し、10月に本番運用を開始しました。 今年度はまず情報系から移行し、来年度には基幹系を移行していくことにより、これからも更なる業務環境の向上をめざし全力で挑戦していきます 。

営業担当者から

(左から)株式会社 ヨコオ 高橋 晃 課長、野田 瑞穂 氏、ネオメイト ベルナール ジョアニー 亮平 社員、株式会社 ヨコオ 斎藤 慎二 次長
(左から)
株式会社 ヨコオ 高橋 晃 課長、
株式会社 ヨコオ 野田 瑞穂 氏、
ネオメイト ベルナール ジョアニー 亮平 社員、
株式会社 ヨコオ 斎藤 慎二 次長

ヨコオ様との最初の出会いは、展示会でした。私たちのDaaS提案は、お客さまへワークスタイル変革の必要性をお伝えし、その結果、弊社のDaaSの導入が最適です!とアプローチをするケースが多いです。しかし、ヨコオ様は、既に自社で一定規模のDaaSを運用されており、業務環境を向上させるにはDaaS、IaaSの本格的な導入が必須であると判断されていました。ヨコオ様の社風である「チャレンジ・挑戦」は、弊社のDaaS、IaaSに対するご要望の高さでも感じました。クラウド型サービスは、本来、金太郎飴のような画一的なサービスですが、それではヨコオ様のご要望を満たすことはできません。ヨコオ様のご要望に少しでもお応えできるよう、弊社、社内一丸となり対応をさせていただき、その結果、受注をいただけたと思います。

今後も引き続きワークスタイル変革、セキュリティー関連のパートナーとしてヨコオ様から弊社を選定していただけるようこれからも精一杯尽力させていただきます。

TEL:06-4301-4568 9:00〜17:00 土日祝・年末年始除く NTTネオメイトITビジネス本部 プラットフォームサービス推進部

【メールでのご連絡はこちら】お問い合わせ

【より詳しい情報はこちら】資料ダウンロード

このページのトップへ