> > > > スタンダードプランのご紹介

AQStage 仮想デスクトップ 導入者数5000社以上

スタンダードプランのご紹介

安定した性能と優れた管理性!「仮想デスクトップ スタンダード」 スタンダードプランは、VMware社製品を採用し、優れた管理性と安定したデスクトップ性能をクラウドサービスとしてご提供します。お客さまの負担を最小限に抑えながら、仮想デスクトップによるビジネス環境の変革とガバナンスの向上を実現できます。また、PoCプランでは弊社エンジニアによるPoC支援と評価環境のご提供によって、本格導入前に入念な検証を行うことが可能です。

AQStage 仮想デスクトップ スタンダードプランの特長

スタンダードプランでは、グループ企業で大規模導入実績のあるVMware Horizonをベースとしており、運用実績の豊富な弊社に運用をアウトソースしていただくことも可能です。

特長1ディスク性能予約機能を標準提供

仮想デスクトップはストレージがボトルネックとなりデスクトップの動作が遅くなることが多く見られます。スタンダードプランでは、仮想デスクトップ単位でIOPS性能の予約ができるストレージを採用し、安定したI/O性能をご提供することが可能です。

※ 弊社内の仮想デスクトップ環境におけるサンプル値
※ ディスク性能予約の対象はOS領域が対象であり、ユーザーデータ領域は対象外となります。
※ ディスク性能予約の追加ができるのは、ご契約デスクトップ数の10%を上限とします。

特長2多様な仮想デスクトップ方式に対応

お客さまによって最適な仮想デスクトップ導入方式は様々です。弊社エンジニアがコンサルティングし、多様なメニュー構成から、お客さまに最適な導入方式をご提供します。仮想デスクトップ導入の目的・ポリシーと照らし合わせて選択できます。

デスクトップタイプの選択

展開方式 フルクローン リンククローン
概要 ・テンプレートを複製し各ユーザーにフルサイズの
 仮想デスクトップを提供
・ユーザーが自由にデスクトップをカスタマイズ
 可能
・デスクトップへの変更は永続的に保持
・単一のマスターに紐づく差分のみの仮想ディスクにて
 構成された仮想デスクトップを提供
・ユーザーはデスクトップの管理権限なし
・再起動時にマスターと同期し、差分は消去される
特徴 ・ユーザーの自由度が高い
 (アプリ導入も設定変更も自由)
・マスターOSのメンテナンスが不要
・各デスクトップへのOS管理/アプリケーション管理が
 不要
・常に統制が利いた状態を継続でき、トラブル要因を
 排除できる
 

ユーザー割り当て方式の選択

割り当て方式 固定割り当て 流動割り当て
イメージ
概要 ユーザーと仮想デスクトップが、
1対1の固定で割り当てられる方式
ユーザーと仮想デスクトップが、紐づいていない割り当て方式
特徴 ・ユーザーは毎回同じデスクトップへ接続
・利用する可能性のあるユーザー数分の
 デスクトップを準備
・パーシステントディスクが選択可能
・ユーザーに割り当てられるデスクトップは
 その都度変化する
・最大同時接続数分のデスクトップを準備
・移動ユーザープロファイル

特長3PoC(Proof of Concept)プランのご提供

PoC(Proof of Concept)で、
本格導入前の不安や課題を検証環境でしっかり解決!
仮想デスクトップで使用される業務アプリケーションの動作やスムーズな移行方法の策定など、本格展開前に検証環境にてしっかりと確認いただけます。スムーズかつ効率的な仮想デスクトップの導入につながり、余計なTCOを発生させません。

※ VMware,Horizonは米国およびその他の国におけるVMware, Inc.の登録商標または商標です。
※ Windows7,Windows Server 2008 R2は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。

TEL:06-4301-4568 9:00〜17:00 土日祝・年末年始除く NTTネオメイトITビジネス本部 プラットフォームサービス推進部

【メールでのご連絡はこちら】お問い合わせ

【より詳しい情報はこちら】資料ダウンロード

このページのトップへ