> > > > 組織全体のセキュリティ意識向上

セキュリティ

Security

課題6組織全体のセキュリティ意識向上を図る

対策
AQStage 標的型メール攻撃予防訓練サービスの導入

多くの機密情報を扱う公的組織の場合、標的型攻撃に遭った場合に被る損害や信頼の損失は莫大なものとなります。こうした標的型攻撃を行うメールの9割は、不特定多数をターゲットとした「ばらまき型」であり、見極める力をつける訓練を行うことで、情報漏えいのリスクを大きく減らすことができます。
※出典:【PDF】警察庁 「平成28年中におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」

標的型メール攻撃予防訓練で万一の事態を体験し、
免疫力や対応力をアップ

NTTネオメイトの「AQStage標的型メール攻撃予防訓練サービス」は、お客さまに模擬標的型メールを送信。標的型攻撃を体感していただくことで、メールを見抜く力や対応力アップをめざします。また実施後には、開封率や開封後の行動を報告し、組織全体のセキュリティ意識向上もサポートします。

課題解決方法

解決AQStage 標的型メール攻撃予防訓練サービス

AQStage標的型メール攻撃予防訓練サービス

本サービスでは、お客さまに模擬標的型攻撃メールを送信し実際に体験していただくことで、標的型メール攻撃に対する免疫力や対応力をアップ。模擬標的型攻撃メールの開封率や開封後の行動を報告し、セキュリティ意識の向上を実現します。
AQStage 標的型メール攻撃予防訓練サービス

このページのトップへ