> > > 活用事例

AQStage ミーティングワルツの活用事例(NTTネオメイト)

企業様への導入事例から他のツールをプラスした活用方法までご参考例を掲載しています。

弊社での活用事例ITオペレーションセンタ

【AQStage ミーティングワルツ(電話会議システム緊急地震速報連動版)】大規模地震発生前に緊急電話会議を自動的に接続 既存の電話会議システムをカスタマイズして緊急地震速報と連動させることにより、電話網のふくそうに巻き込まれることなく、迅速な災害対応を行うことが可能となりました。 ※1強い揺れが来る前の初期微動(P波)を観測した時点 ※2電話が集中することにより、電話がつながりにくくなる事象のこと

事例概要

電話会議システム「AQStage ミーティングワルツ」をカスタマイズし、緊急地震速報と連動させることで、強い揺れが来る前に、関連する各拠点との緊急電話会議を自動的に確立する仕組みを構築した。

株式会社エヌ・ティ・ティネオメイト ITオペレーションセンタ

24時間365日、通信インフラを守る管制塔!
株式会社エヌ・ティ・ティネオメイト ITオペレーションセンタ

  • 事業内容 西日本エリア全域の基幹ネットワーク設備の監視

導入背景

災害時でも、迅速に緊急電話会議を開きたい

NTT西日本グループでは、企業活動や人々の生活を支える通信を守るため、24時間365日体制でネットワークの監視・制御を行っている。NTTネオメイト ITオペレーションセンタ(以下、IOC)は、その中心的な役割を担っており、万一、故障が発生した際には、速やかに情報を収集・分析し、現地の保守部門などへ的確な指示を出さなければならない。

大規模災害発生時の対応もIOCの重要な任務である。電柱の倒壊や土砂崩れによるケーブル切断などが広範囲で起きても、冷静沈着に迅速な措置を行うことが求められる。

しかし災害時には、知人の安否を気遣う人たちが被災地へ一斉に電話をかけるため、電話網のふくそうが起きてしまう。
「その影響で、IOCが関連部門と緊急の電話会議を開こうとしても、すぐには電話がつながらないという問題が生じていました」
(小高 博直主査)

そこで、既存の電話会議システムをカスタマイズして、災害発生時にいち早く電話会議を開催できる仕組みがつくれないか検討することとなった。

開発の要点

緊急地震速報と電話会議を連動させ、ふくそう前に自動で接続

IOCでは当時、電話会議を開く際、関連する複数の拠点に手動で電話をかけていた。そこで、既存の電話会議システム「AQStage ミーティングワルツ」に、登録した拠点へ一斉に電話をかけられる機能を追加した。

その上で、気象庁が提供する「緊急地震速報」と連動。
速報を受信すれば強い揺れが来る前に事前登録した各拠点に自動で電話をかけ、電話網のふくそうに巻き込まれることなく、緊急電話会議が開催できる仕組みを構築した。

導入効果

初動体制の確立が瞬時かつ確実に完了

関連部門と自動で電話会議がつながり、迅速に対処

関連部門と自動で電話会議がつながり、
迅速に対処

阪神・淡路大震災をきっかけに導入したこのシステムを使用し、西日本の各エリアで実施した防災演習では、さまざまな成果が得られている。

まず、緊急地震速報と連動させたこのシステムでは、瞬時に自動で電話会議がつながることを確認でき、災害時にもふくそうに巻き込まれることなく迅速にアクションが起こせるという確信を持つことができた。

小高主査は「演習では、接続する拠点数を従来より増やしたにもかかわらず、本当にスムーズに緊急電話会議を開くことができました」と評価する。

今後の展望

地震にとどまらず、風水害にも対処可能な仕組みを模索

小高主査(左)とNTTネオメイトの開発担当者

小高主査(左)と
NTTネオメイトの開発担当者

「AQStage ミーティングワルツ」を緊急地震速報と連動させ、さまざまなカスタマイズによって地震への対策を強化したこのシステム。「今後は、地震だけでなく台風や津波など風水害にも対応できるような仕組みも検討し、通信網の安定提供に努めることで安心・安全な社会の実現に貢献していきたいと考えています」と小高主査は力強く語っていた。

開発担当者から

さまざまな警報などとの連動が可能
自治体、一般企業様にも広め、地域の防災力強化に貢献したい

今回のシステムは、電話会議システム「AQStage ミーティングワルツ」をカスタマイズすることによって、緊急地震速報との連動を実現したものです。

地震に限らず、津波・噴火・竜巻・ゲリラ豪雨・土砂災害など各種の警報などと連動させて、自動的に電話会議を起動させたりすることが技術的には可能であるため、今後も、通信インフラを守ることを使命とするIOCと連携し、改善を図っていきたいと考えています。

また、このシステムは、自治体や一般企業様の防災担当部門などにも十分ご活用いただけるものです。東日本大震災以降、各方面で防災力の強化が求められています。安価な電話会議システムをベースに、電話機さえあれば拠点を選ばず会議に参加できるこのシステムを広めることで、地域の防災力強化のお役に立つことができればうれしく思います。

NTTネオメイト ITビジネス本部 アプリケーション事業推進部
第四アプリケーション部門
清水 一郎
NTTネオメイト ITビジネス本部 アプリケーション事業推進部 第四アプリケーション部門 清水 一郎

TEL:082-544-1375 9:00〜17:00 土日祝・年末年始除く NTTネオメイトITビジネス本部 アプリケーション事業推進部

【メールでのご連絡はこちら】お問い合わせ

【より詳しい情報はこちら】資料ダウンロード

このページのトップへ