> > > > 新しい働き方を実現する「仮想デスクトップ」導入のメリット

ワークスタイル

コラム新しい働き方を実現する「仮想デスクトップ」導入のメリット

新しい働き方を実現する「仮想デスクトップ」導入のメリット

労働力人口が減少トレンドにあるなか、どの企業も優秀な人材の流出を防ごうと躍起になっている。業務知識やノウハウを持った優秀な社員が、出産や育児、介護などのために退職という道を選ばなくても、在宅勤務や時短勤務によりワークライフバランスを保った形で仕事を続けることができれば、社員にとっても企業にとってもハッピーだ。

新しい働き方を実現する「仮想デスクトップ」

人材確保の側面から働き方の多様性を企業が認め、支援する必要性が出てきた現在、企業が導入することで大きな効果が期待できる情報技術の一つに「仮想デスクトップ」がある。

「仮想デスクトップ」とは、これまで各ユーザーのPCに格納していたデータやアプリケーションを、データセンターに設置したサーバーで一括管理するものだ。各ユーザーのデスクトップ環境をサーバーに格納し、手元の端末からネットワークを通じて画面データだけを転送して操作する。

端末は社内のPCだけでなく、自宅のPCや、出先で使うノートPCでも構わない。仮想デスクトップがあれば、ネットワークにつながってさえいれば、どこからでも全く同じデスクトップ環境で仕事をすることができる。

「仮想デスクトップ」のメリット

端末を選ばず、外出先でも自宅からでも同じ環境で仕事を行うことができる仮想デスクトップには、さまざまなメリットがある。

まず「場所」と「時間」から解放されることだ。外出先からモバイルでメールを確認したり、プレゼン時に必要な資料をその場で取り出したりすることはもちろん、移動中のちょっとした時間にこまめに仕事をこなすなど、仕事の生産性やスピードが上がるのだ。たとえ海外出張中であっても、いつもと同じデスクトップ環境で仕事を続けることができるし、在宅勤務にも活用ができるのは言うまでもない。

社内の他のフロアで仕事をしたり、会議をする際にも、自分の端末を持って行かなくても、その場所にある端末から自分のアカウントにログインすることで、自分のデスクトップ環境を呼び出すことができることから、これまでにない自由度の高いワークスタイルが実現できる。ペーパーレス会議も容易だ。

また協力会社のスタッフに駐在して作業をしてもらう際にも、利用用途を限定した仮想デスクトップのアカウントを渡すことで、セキュリティーを明確に保つことができる。

情報漏えいのリスクを大幅に低減

仮想デスクトップの導入により、情報漏えいのリスクを大幅に改善することが可能だ。サーバー側で処理された結果のみを画面を通じて手元の端末で見るため、そもそもデータはサーバー側にしか存在しないためだ。データは閲覧・編集ができても、持ち出しができないため、端末を紛失したり盗難にあった場合でも、端末の中にはデータが存在しないため、物理的に情報が漏えいしない。

社外でセキュアに業務できる環境を準備することで社員が仕事のためにデータをUSBメモリに抜き出して持ち帰るといった必要性がなくなる。

また、セキュリティーパッチを適用するといった場合には、サーバー側で一括して全ユーザーに適用することが可能なため、社員に個別に依頼をするといったことがなくなり、個人に依存することなく、一定のセキュリティーレベルを保つことができる。

情報システム部門にとっても導入メリットは多い

多数の端末を管理する必要がある情報システム部門にとっては、仮想デスクトップを導入することで、管理コストを引き下げることができる。

例えば人事異動がある場合、各ユーザーのデスクトップ環境と端末とが切り離されているため、新しい部署に異動した社員にPC環境のセットアップで情報システム部門がサポートに駆り出されるということもほとんどなくなるだろう。

BCP(事業継続計画)対策としても、仮想デスクトップは有効だ。震度7〜8の地震でも耐えられる耐震構造のデータセンター内にあるサーバーへデスクトップを集約することで、大規模災害が起こった場合でもPC環境を保護。避難した先のあらたなオフィスから仮想デスクトップにアクセスすることで被災前と変わらないPC環境で業務を継続することができる。

このように、仮想デスクトップを導入することで、ユーザーのワークスタイルの多様性を実現するだけでなく、セキュリティーレベルを保ったまま、TCO(コンピュータシステムの導入や維持などにかかるコスト)を低減、さらには災害時に強い情報インフラを作ることが可能になる。

仮想化技術はBYODの普及をも後押しする

仮想デスクトップはBYODの普及も後押しする。データやアプリケーションがサーバー上に存在するため、手元のデバイスにはデータが残らず、情報漏えいの心配から解放されるからだ。自宅で使用しているデスクトップPCだけでなく、個人所有のノートPC、さらには普及が著しいタブレットからも容易に社内のデスクトップ環境にアクセスすることができる。端末の導入コストを抑え、なおかつ管理コストも抑えることができる仮想デスクトップは、まさに最先端のワークスタイルに最適なインフラだ。  

2015年10月19日 執筆
NTT西日本グループ3万5000台仮想デスクトップ導入「成功の3つのカギ」

関連するサービス

ワークスタイル変革に関するコラム