「AQStage 仮想デスクトップ」におけるISMSクラウドセキュリティ認証(ISO/IEC 27017)の取得について

2020年12月9日
株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト

株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:岸本 照之 以下、NTTネオメイト)は、このたびクラウドサービスに関する情報セキュリティ管理の国際規格である「ISMSクラウドセキュリティ認証(ISO/IEC 27017)」を取得いたしました。

  • ISMSクラウドセキュリティ認証は、情報セキュリティ管理の国際規格であるISO/IEC 27001に、クラウドサービス特有の情報セキュリティ管理に焦点を当てたISO/IEC27017を加えた国際規格となります。

1.背景および認証取得の経緯

近年、クラウドサービスの利用が拡大し、またセキュリティの脅威が拡大する中、個人情報の取り扱いや情報セキュリティ管理などの厳格な運用が求められています。さらに、企業や自治体等でクラウドサービス導入時にセキュリティ規格への準拠が必要になる場合もあり、サービス提供事業者の管理体制を証明する客観的な基準へのニーズが高まっています。

NTTネオメイトでは、クラウドサービスの提供において、お客さまに安心してお使いいただくために、組織一丸となって情報セキュリティ管理に取り組んでまいりました。その取り組みが一時的なものではなく、継続して実践されるものであることが評価され、このたび「AQStage 仮想デスクトップ」サービスで、ISMSクラウドセキュリティ認証を取得いたしました。

今後も、お客さまにより安心してお使いいただけるよう、情報セキュリティ管理の取り組みを継続し、サービスを提供いたします。

2.認証取得に関する詳細情報

ISMSクラウドセキュリティ認証ロゴマーク
CLOUD 736280/ISO 27017:2015

認証 ISMSクラウドセキュリティ認証
適用規格 ISO/IEC 27017:2015
登録組織 NTTネオメイト ITビジネス本部 プラットフォームサービス推進部
登録範囲 AQStage 仮想デスクトップサービスの提供に係わるクラウドサービスプロバイダとしてのシステム開発・構築・運用・保守
審査機関 BSI(British Standards Institution, 英国規格協会)

【参考】AQStage 仮想デスクトップについて
AQStage 仮想デスクトップサービスに関しては、以下HPをご覧ください。
https://www.ntt-neo.com/service/daas/

3.お問い合わせ先

NTTネオメイト ITビジネス本部 プラットフォームサービス推進部

Mail

aqstage_vdi-neo-ml@west.ntt.co.jp

ニュースリリースに記載している内容は、報道発表時のものです。最新の情報と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。