AQStage アプリケーション仮想化 「標的型サイバー攻撃等による情報漏えいリスクの極小化」と「セキュアなアプリケーション利用によるワークスタイル変革」を実現します

AQStage アプリケーション仮想化とは?

AQStage アプリケーション仮想化は、NTTネオメイトのデータセンター上に、仮想化したブラウザー をご用意し、お客さまのご利用端末に配信するクラウドサービスです。

アプリケーション仮想化の概要イメージ

アプリケーション仮想化のイメージ

アプリケーション仮想化によるメリット

  • 集中管理により、セキュリティ・運用管理性が向上
  • 利用ユーザーの増加に柔軟に対応可能
  • 利用したデバイスにデータが残らず、情報漏えいリスクが極小化
  • 実データは送信されないため、セキュアな利用が可能

AQStage アプリケーション仮想化の特長

インターネット分離による標的型攻撃対策

インターネット分離による標的型攻撃対策

業務端末から直接インターネット閲覧は不可とし、インターネット閲覧は、NTTネオメイトのデータセンター上のブラウザーからのみ利用することで、インターネット分離を実現します。
データセンター上のブラウザーから、お客さまの端末には画像情報しか流さないため、メール等により、お客さまの端末がマルウェアに感染したとしても、お客さま環境内の重要情報が保管されているシステムには被害が及ばず、情報漏えいリスクを極小化します。

こんな時にはAQStage アプリケーション仮想化