働き方改革

働き方改革とは、生産性の向上、多様な働き方ができる環境づくり、多様な人材活用などを通じて、現在の働き方が直面する課題を解決しようとする取り組みのことです。人口減少・ダイバーシティといった社会の変化や、ますます加速するビジネス環境に対応するため、いま「働き方」に対する問題意識が高まっています。

労働施策基本方針

政府は下記のような施策を打ち出しています。

「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」
(労働施策総合推進法)

第2章 労働施策に関する基本的な事項

  1. 労働時間の短縮等の労働環境の整備
  2. 均衡のとれた待遇の確保、多様な働き方の整備
  3. 多様な人材の活躍促進
  4. 育児・介護・治療と仕事との両立支援
  5. 人的資本の質の向上、職業能力評価の充実
  6. 転職・再就職支援、職業紹介等の充実
  7. 働き方改革の円滑な実施に向けた連携体制整備

働き方改革のメリット

働き方改革を実施すると、働き手(従業員)・雇用者にとって下記のようなメリットがあります。

生産性の向上

業務の見直しや整理、システムへの投資などによって生産性が高まり、重要度の高い業務に人や資源を集中させることができ、より高い成果をあげられるようになります。

ワーク・ライフ・バランスの向上

働き方が変われば、仕事にかける時間の使い方も変わります。より自由にスケジュールを組み立てて、仕事時間と趣味や自己啓発といった生活時間をうまく組み合わせて効率よく時間を使うことで、生活の満足度を高めることができます。

優秀な人材の確保

スキルやノウハウを持った優秀な人材が、育児・介護・病気療養などから従来の働き方ができなくなったとしても、柔軟に働き方を選択できる環境であれば、職場を離れずにすみ、キャリアの中断を避けることができます。そうした職場環境は働く人にとっても魅力的なので、定着しやすくなり、採用においても有利に働くと考えられます。

働き方改革 | ラインナップ

ネットワークサービス

コミュニケーションツール

アプリケーション開発

PC・スマートデバイス管理

監視・運用系

キーワードから探す