LoRaWAN® LPWA、LoRaWAN®とは?

LPWAとは

LPWA(Low Power Wide Area)とは、低電力・広範囲で通信できる新しい無線通信技術の総称です。
センサーやデバイスからの少量データ・低頻度通信・省電力が求められるIoT通信において、今注目されています。

低電力・省コスト

デバイスは通信を行う時以外は休止状態となり、消費電力を低く抑えることができます。
LPWAは、基地局の通信回線をカバーエリア内にある多くのデバイスで利用することから、通信コストも低く抑えられます。

広範囲

基地局一つで半径数キロまで電波が届きます。

  • 見通しの良い場所で計測した値です。
    見通しの悪い場所や建物等の障害物が多く建っている場所ではカバー範囲が狭くなる場合があります。

LoRaWAN®とは

NTTネオメイトが提供するLoRaWAN®も、LPWAの規格の一つです。低電力・省コスト、広範囲通信はもちろん、LoRaWAN®ならではの特長を紹介します。

開発の広がり

LoRa Alliance®によって定められたオープンな仕様が特長で、対応デバイスの開発が盛んなため今後の発展性が期待できます。
NTTグループはLoRa Alliance®に加入しています。

いろいろな活用シーンに対応

センターエンド型通信でデバイスから情報収集/遠隔制御が可能となることで、これまでなかったさまざまなシーンでの活用が期待できます。